郵送で申請する場合、申請より6ヶ月以内に撮影した縦4.5cm×横3.5cmの顔写真が必要です。

マイナンバーの顔写真

 

マイナンバーカードを作成する場合、顔写真を撮影する事が必要になります。
マイナンバーカードを郵送で申請して作成する場合は、写真をとったものを郵送します。

マイナンバーカードの作り方

 

マイナンバーカードに必要な顔写真

 

スマートフォンで申請して作成する場合は、スマートフォンで撮影した写真をスマートフォン上から送付します。
パソコンで申請して作成する場合は、デジタルカメラなどで撮影したものを添付して送付します。また、マイナンバーの申請が出来る証明用写真機で写真を作成し、そのまま送付する事も出来ます。
しかし、マイナンバーカードに申請できる写真には、条件があります。

 

顔写真の条件

マイナンバーカードを郵送で申請する場合は、顔写真の大きさの条件があり、縦4.5cm×横3.5cmでなくてはいけません。また、その中で顔の占める大きさが縦3.2~3.6cm以内であり、顔はきちんと中央にある必要があります。

 

その他にも、正面を向いていること、帽子をかぶっていない事、サングラス・マスク・装飾品・髪などで顔が隠れている、背景や影が無いもの、ピンボケなどで写真自体が不鮮明なもの、表情が普段とことなるもの、などです。

 

また、カラーでなく白黒の写真でも可能ですが、申請より6ヶ月以内に撮影されたものになります。これらをクリアし、初めてマイナンバーカードを作成する事が出来ます。
また、この顔写真は10年間使用されることになります。

 

そうして発行申請をしたマイナンバーカードはは約1ヶ月ほどで「交付通知書」が自宅に届くので、通知カード・身分証明書・交付通知書をもって交付通知書に記載された交付場所で受け取る事が出来ます。

 

身分証明書は免許証など写真付き身分証明書であれば1点で大丈夫ですが、健康保険証などそのほかのものは2点必要になります。
また、基本的に受け取りは本人のみとなりますが、代理人に本人確認書類と受け取りが困難である書類を持たせれば、代理人が受け取る事も可能です。