悪用されないように、個人番号カードダイヤルに電話して利用停止を依頼しましょう。

マイナンバーの再発行

マイナンバーの通知カードがなくなってしまったり、マイナンバーカードをなくしてしまった、など、マイナンバーの紛失についてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

マイナンバーを紛失してしまった場合、マイナンバーの再発行はどのように行えばいいのでしょうか?

 

マイナンバーを再発行してもらうために

 

マイナンバーカード紛失で話し合う人々

 

マイナンバーの通知カードやマイナンバーカードを紛失してしまった場合、まずは警察に「遺失届け」を出します。

 

遺失届けを出すと、その「受理番号」というものが字発行されます。この受理番号は「マイナンバーを無くした」という証拠になりますから、無くさずに大事に保管しておきましょう。

 

マイナンバーカードを作成していた場合は、身分証明書として悪用されてしまう恐れがあるので、個人番号カードダイヤルに電話して、利用停止をしてもらいましょう。通知カードの場合は悪用される事が無い為、この手続きは必要ありません。

 

その後、自分が住民登録をしている役所で再交付の手続きをする必要があります。

 

マイナンバーを再発行するには、警察署で発行してもらった遺失届けの受理番号と、免許証など写真つきの身分証明書か、保険証などの写真の付いていない身分証明書が2点のどちらか、の2点が必要になります。
また、再発行手数料としてマイナンバーの通知カードであれば500円、マイナンバーカードであれば1,000円がかかります。

 

ちなみに再発行となった場合、不正利用など悪用される可能性はない限りは紛失前のマイナンバーと同じ番号が振り当てられます。不正利用などが不安な場合は、役所に相談してみましょう。
再発行手続き後、マイナンバーの通知カードやマイナンバーカードは簡易書留で自宅に送られるか、窓口で直接受け取る事になります。
役所によって異なりますので確認してみましょう。大体一ヶ月ほどで再発行されます。

 

もしも急ぎでマイナンバーが必要な場合は、「マイナンバーの記載有り」で住民票を取得すれば番号をすぐに確認する事が可能です。