組織間での個人情報の共有がスムーズになり、人的ミスが軽減したり、人件費が削減出来ます。

マイナンバー導入の狙い

マイナンバー制度は主に行政手続きの簡素化や国民の識別、
公正かつ公平な社会の実現などを狙って導入が決まりましたが、
本当の狙いは「徴税漏れを無くす事」だと言われています。

 

世界を見てみるとほとんどの先進国でマイナンバー制度が導入されていますが、
日本では2016年からようやくマイナンバーの運用がスタートしています。

 

マイナンバーを導入する狙いは国民の識別や管理を効率化する事や
社会保障を充実させる事などが挙げられますが、
個人情報の流出や漏洩を不安視する声も未だに多く聞かれます。
マイナンバーを利用した詐欺にも気をつけなければいけません。

 

しかし、個人情報の漏洩に関するリスクを含めて考えてみても
マイナンバー制度を導入するメリットは大きく、
制度の導入によって様々な手続きや作業を効率良く進める事が出来るようになるのです。

 

マイナンバーは12桁の個人番号で国民一人ひとりの情報を管理する為、
組織間での個人情報の共有が非常にスムーズになります。

 

その結果、人的ミスのリスクを軽減したり人件費を削減出来る
といったメリットが生まれるというわけです。

 

 

マイナンバー制度のメリット

2016年1月にマイナンバー制度が導入されて久しく経ちますが、
マイナンバーの運用がスタートした事によって得られるメリットには幾つか挙げられます。

 

マイナンバー制度の導入による代表的なメリットとしては
行政手続きの簡略化が挙げられますが、
これは国民一人に付きひとつずつ割り当てられる12桁の番号によって
住民登録番号や基礎年金番号、保険番号や税金に関する整理番号を
即座に照会する事が出来るので行政手続きが非常にスムーズになるからだとされています。

 

マイナンバー制度は災害時にも活用される事が決まっていますが、
たとえば大災害が発生した際にマイナンバーによって個人情報を照会する事で
要支援者リストの円滑な整備や行方不明者リストの作成が可能になるといったメリットがあります。