マイナンバーの顔写真には適切な規格があり、10年間有効となります。

マイナンバーカードの作り方

マイナンバーカードは簡易的にナンバーが記入されている通知カードは郵送されてきていますが、それを写真付きの身分証明書として作成することができます。
申請は無料で行う事が出来ます。
マイナンバーカードの作成方法は郵送・パソコン・スマートフォン・変わったところでは証明写真撮影機からの申請方法があります。

 

マイナンバーカードを作るのに必要な身分証

 

スマートフォンでの申請

スマートフォンで、申請書類に記載さえているQRコードを読み取ります。
すると申請用のWEBサイトにアクセスされるので、そこで申請書IDとメールアドレスを登録します。
すると登録されたメールアドレスに申請者専用WEBサイトのURLが記載されているので、そこにアクセスし、スマートフォンで撮影した顔写真を登録します。

 

パソコンでの申請

申請者専用WEBサイトにアクセスし、申請書IDとメールアドレスを登録します。
登録されたメールアドレスに申請者専用WEBサイトのURLが記載されているので、そこにアクセスし、デジタルカメラなどで撮影した顔写真を登録します。

 

郵送での申請

マイナンバーの通知カードの下には「個人番号カード交付申請書」がついています。
この申請書の必要項目を記載し、顔写真を添付したものを郵送します。

 

証明写真撮影機からの申請

証明写真撮影機の機械の横にマイナンバーの申請が出来る旨ののぼりがあれば、その機械からはマイナンバーの申請をする事ができます。
申請方法は通知カードのQRコードをかざし、あとは証明写真を撮影するだけです。

 

顔写真の注意

顔写真のルールは、正面を向き、背景の無いもの、帽子やマスクなどの装飾品をつけていないもの、影が入り込んでいないもの、眼鏡が邪魔になっていないものなどがあります。
また、この顔写真は10年間有効となります。

 

マイナンバーの郵送期間

マイナンバーの申請書を出してからおおよそ2~3週間ほどで郵送されてきます。