マイナンバーに関連した電話を受けたら、ほぼ100%マイナンバー詐欺だと考えましょう。

マイナンバーを利用した詐欺の手口

2016年からスタートしたマイナンバー制度ですが、
以前から懸念されていた通りマイナンバーを利用した詐欺が既に横行し始めています。

 

マイナンバーを利用した詐欺には幾つかのパターンと目的がありますが、
もっとも一般的なのは「劇場型」と呼ばれるマイナンバー詐欺です。

 

この劇場型マイナンバー詐欺は
まず最初に公的団体や役所の職員を名乗る男から電話が入り、
マイナンバー導入に伴う「還付金」があると伝えてその人の興味を惹き付けます。

 

その後、還付金を受け取る為には銀行の通帳と印鑑を預ける必要がある等と伝え、
冷静な判断力を欠いた状態の高齢者を主なターゲットとして現金を搾取する
という手口が一般的となっています。

 

通帳と印鑑

 

また、そのほかにもマイナンバーによる個人情報の漏洩や流出を防止する為の
「セキュリティ費用」が発生する等と伝え、
多くの現金を搾取しようとする手口なども認められています。

 

そのほかにも現金ではなくその人個人の情報を収集する目的で電話を掛けてくる
「個人情報収集型マイナンバー詐欺」なども横行しており、
今後もマイナンバーを利用した詐欺はさらに増加する事が予想されています。
個人情報流出の危険性

 

 

マイナンバーを利用した詐欺の防止

マイナンバー制度を利用した詐欺の手口は年々、巧妙化の一途を辿っています。
マイナンバーは郵送される通知書によって通知されるので
役所の職員による電話での確認が行われる事は「皆無」と考えておくのが無難です。

 

そのため、マイナンバーに関連した電話を受けた場合は
ほぼ100%「マイナンバー詐欺」だと考えておく必要があります。

 

マイナンバーを利用した詐欺を完全に防止するのは困難ですが、
常日頃から詐欺に対する意識を高く持っておけば
騙されて被害に遭う可能性を限りなくゼロに近くする事は可能です。

 

また、自分だけでなく両親や祖父母が詐欺の被害をに遭う可能性も考え、
定期的に「家族への連絡」を行う事も効果的な予防策となります。