マイナンバーが悪用されたり、情報漏えいを防ぐ手段がきちんと確立されていないのが現状です。

マイナンバーのデメリット

 

どのようなことにもメリットやデメリットがあるように、マイナンバーにはメリットがありますが、デメリットも存在しています。
マイナンバーのデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

情報漏えいの危険性

情報漏えいの危険性を表す図

 

マイナンバーは社会保障、税金などと紐づいていますが、将来的には預金口座、医療情報などさまざまなものと紐づく可能性があります。
そのため、万が一マイナンバーが流出してしまうと、さまざまな事に悪用されてしまう危険性があります。
マイナンバーは「一元管理」されて居るわけではなく、さまざまな部署で「分散管理」されています。
そのため、万が一情報が漏洩したとしてもその漏洩元がすぐに特定できるとされています。

 

しかし、マイナンバーを管理しているのは行政だけではありません。
収入による税の管理のために一般企業でも従業員のマイナンバーの管理をしています。そのため、企業のほうでもセキュリティを強化しなくてはなりません。
その管理方法には、各企業で資金を出して行う必要があります。

 

近年では企業や行政機関でウイルスに感染してしまったり、サイバー攻撃にあってしまった、という事件もおきています。行政も企業もこれまで以上にセキュリティに力を入れる必要があります。
また、会社や行政のマイナンバーの管理者がマイナンバーを勝手に悪用する、という可能性も無いわけではありません。
万が一漏洩をしてしまうと、個人情報が全て取られてしまうことにつながります。

 

このように、マイナンバーのデメリットは、悪用されたり情報漏えいを防ぐ手段がきちんと確立されておらず、各行政機関や企業に丸投げされていることです。
ほとんど見切り発車のようにはじまってしまったこのマイナンバー制度。
情報漏えいや悪用されない為にも、行政や企業はしっかり管理する必要があります。