一元化は、消費者側も小売業者や個人事業主にとってもメリットが大きい案だと言えます。

総務省が打ち出した各種カードの一元化

2015年の10月に通知が始まり
2016年1月から本格的に運用がスタートしたマイナンバー制度ですが、
マイナンバーを有効に活用する為には
「マイナンバーカード」と呼ばれるカードの発行を行う
必要があります。

 

このマイナンバーカードは住民票の取得や戸籍謄本の取得などの手続きを
円滑に行えるカードとして知られていますが、
総務省はこのマイナンバーカードと各企業が発行する各種カードとの
「一元化」という案を打ち出しています。

 

総務省が打ち出したマイナンバーカードと民間の各種カードとの連携案が実現すれば
消費者が多くのカードを持ち歩く必要が無くなり、
小規模の小売業者の間でも気軽にポイントサービスのシステムを導入できるようになる

というメリットがあります。

 

また、ポイントサービスの仕組みを導入する事によって
小規模な小売業者の集客効果も見込める為、
非常にメリットが大きい案だと言えます。

 

ただし、独自のポイントサービスを実施して集客を狙っている事業者からは
戸惑いの声を上がってきており、実現にはまだまだ時間が掛かりそうです。

 

 

マイナンバーとカードの一元化の利点

マイナンバー制度の導入によって
マイナンバーカードの発行が国によって推進されていますが、
最近ではこのマイナンバーカードと各種ポイントカード・クレジットカードの「一元化」
という案が総務省によって打ち出されています。

 

 

マイナンバーカードと各種カード類を一元化する事によって生まれるメリットは大きく、
たとえば消費者側は多くのカードを持ち歩く事なく
マイナンバーカードだけを一枚持っていれば
全ての手続きや処理が可能になる
というメリットがあります。

 

また、小規模な小売業者の中には経済的な事情により
ポイント制度を導入できていない業者も数多く居ますが、
カードの一元化によって小売業者や個人事業主がポイント制を
気軽に導入できるようになる
という利点もあります。