引越しや結婚などで名前や住所が変わったらマイナンバーの情報変更の手続きが必要です。

記載内容を変更したい時

 

引越しによる住所変更や結婚になどによって名前が変わる、などマイナンバーに記載されている情報に変更をしなければならなくなったときってどうしてもおこりますよね。

外国籍・海外在住の場合

 

役所に転出届を出したり免許証の住所変更を行わなければならないように、マイナンバーの情報も変更しなければなりません。
ではどのようにしてマイナンバーの情報の変更を行えばよいのでしょうか?

 

 

マイナンバーの変更方法

マイナンバーの情報変更は住所変更の届出同様に役所で行う必要があります。
住所、氏名などどの変更であっても戸籍住民課窓口で行う事が可能です。届出は転入先の市区町村の役所で行いましょう。
手続きをする場合、転入届と同様に14日以内に届出をする必要があります。

 

手続きに必要なもの

本人が手続きする場合、マイナンバーカードやマイナンバー通知カード以外に本人確認が出来る書類を持参する必要があります。

 

本人確認書類は運転免許証など公的に発行された顔写真つきの書類であれば1点で大丈夫なのですが、どのような本人確認書類がない場合、健康保険証や年金手帳、社員証など氏名と住所か氏名と生年月日が記載されている書類が2点必要です。

 

マイナンバーの記載変更のために使用する保険証

 

もし本人が手続きに行く事が出来ず、家族など代理人が手続きする場合、手続きをされる方のマイナンバーカードや通知カード以外に代理人の方の本人確認書類と代理の方の委任状が必要です。
また、手続きをする方の本人確認書類が必要である場合もあります。即日手続きができない場合もありますので、役所に問い合わせてみましょう。

 

お住まいの市区町村の役所によっては印鑑が必要であったり、持参する書類が異なる事もありますので、対象の役所のホームページなどで確認してみましょう。

 

手続き終了後

マイナンバーカードや通知カードの住所変更を行っても新しいカードが発行されるわけではありません。
通知カードであれば裏面に、マイナンバーカードであれば表のメモ欄に新しい住所が役所の職員によって手書きで記載されます。運転免許証の変更時と同じですね。

 

注意事項1

マイナンバー通知カードを持っていてマイナンバーカードを申請する場合、古い住所や氏名が記載されたマイナンバーカード交付申請書ではマイナンバーカードの申請をしても受付をしてもらえません。たとえ住所変更してもダメです。
マイナンバーカードを申請する場合は、お近くの市区町村の役所で交付申請書提出し、新しい申請書を交付してもらってください。

 

注意事項2

マイナンバーカードを申請している途中に住所や氏名などの変更をした場合、新たに交付申請を行わなければなりません。
お住まいの市区町村の戸籍課にお問い合わせしてください。